発毛ブログまとめサイト発毛速報

TOP>AGAの意味

発毛剤販売人気ランキング

プロペシア(錠剤)
販売数ナンバーワン!一番人気のある飲む発毛薬
2位 フィンペシア(錠剤)
成分はプロペシアと変わらないが、値段が多少プロペシアよりも安い
3位 ロゲイン(塗布剤)
海外のリアップ!含有率も日本より高いので人気あり!

AGAの意味

●AGAって?

主に男性に見られる脱毛の状態である。AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなる。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となる。
AGAには遺伝的、環境的な種々の要素が関わっている。多くの研究者がAGAのリスクとなる要素を研究しているが、その多くはいまだ不明である。リスクの一つとして特定されたものに男性ホルモン、特にジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)がある。男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であり、また男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持つ。(wikipediaから引用)

●AGAはお医者さんで見てもらおう。

AGAチェックは毛髪のDNA配列を解析することによってAGAのリスクとフィナステリドの効果を判定する検査であり、専門の医療機関で受けることができる。
AGAチェックは、後頭部の毛髪を10本程度採取して検査する。この検査は1回だけ受ければいい。 AGAチェックは女性が受けることもできるが、女性に対するフィナステリドの使用には制限が多い。(wikipediaから引用)

●AGA診療のガイドライン

日本皮膚科学会より男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)が発表されました。
科学的根拠にもとづいたAGA(男性型脱毛症)のための標準的な治療法をガイドラインとして発表したものです。
実際には参考ぐらいにするのが一番かと思われます。
推奨度A(行うよう強く勧められる)~D(行わないよう勧められる)まで五段階評価されています。



▲推奨度A(強く勧められる)

●ミノキシジル(リアップ、ロゲイン)
●フィナステリド(プロペシア、フィンペシア)

▲推奨度B(勧められる)

●無し

▲推奨度C1(考慮していいが十分な根拠なし)

●アデノシン
●t-フラバノン
●塩化カルプロニウム
●サイトプリン
●ペンタデカン
●ケトコナゾール

▲推奨度C2(根拠なく勧められない)

●セファランチン

●感想

実際には薬なので副作用も出る人もいると思われます。なのでお医者さんと相談したり自分の体の体調を見てやってみるのがいいかもしれません。自分は副作用は特になかったのですが。そのあたりは一応薬なので責任は自分で取りましょう。

●とにかくまずはメール相談なり資料を見るのがベストです。

薬なので自分の体質にあうかどうかも判断してもらわないといけないと思います。そのためにはまずはお医者さんで薬が合うかどうか・・・ それを判断してもらいましょう。